PowerAppsとは?基本概要とビジネスに役立つ利点を徹底解説

PowerAppsとは?基本概要とビジネスに役立つ利点を徹底解説

June 24, 2024

記事の監修

S.Sato

記事の監修


S.Sato

マネジメント&イノベーション事業部 開発部/2グループ グループマネージャー
資格:Microsoft Offiece Specialist Master 2007、ITパスポートなど

2022年よりMicrosoft365とPowerPlatformの案件を担当。
それ以前は業務・Web系システムを要件定義からリリースまでの開発に従事。
IT業界歴15年の経験を活かし、PJを牽引し後続の育成にも力を注ぐ。
趣味は散歩で、思考が煮詰まった際には、近所の緑道を散歩し、新たな発見や自然からのインスピレーションを受けている。

無料ご相談受付中 まずはお気軽にご相談ください

Contents

目次

多くの企業が業務プロセスの非効率やデータ管理の難しさに悩んでいるのではないでしょうか。PowerAppsとは、これらの課題を解決するためのMicrosoftのローコード・ノーコードプラットフォームです。

この記事では、PowerAppsの基本概要、主要機能、ビジネスへの利点、導入ステップ、活用事例を詳しく解説します。業務の自動化やデータ管理の改善を目指す企業の皆様は、ぜひこの記事を最後までお読みください。

PowerAppsとは

PowerAppsは、企業の業務プロセスを効率化し、生産性を向上させるための強力なツールです。このセクションでは、PowerAppsの基本概要とその目的について詳しく解説します。PowerAppsがどのようなものかを理解することで、その利便性とビジネスにおける有用性を確認できます。

PowerAppsの概要

PowerAppsは、Microsoftが提供するローコード・ノーコードのアプリケーション開発プラットフォームです。このツールを使用することで、専門的なプログラミング知識がなくても、ユーザーは簡単にカスタムビジネスアプリケーションを作成できます。PowerAppsは、ドラッグ&ドロップのビジュアルデザイン機能を提供し、迅速かつ効率的にアプリを開発することが可能です。また、ExcelやSharePoint、Dynamics 365など、既存のMicrosoft製品とのシームレスな統合が特徴です。

PowerAppsの目的

PowerAppsの主な目的は、ビジネスプロセスをデジタル化し、自動化することで業務の効率化を図ることです。従来の手作業によるプロセスや複雑なワークフローを、簡単にデジタルアプリとして置き換えることができます。この自動化により、エラーの減少や業務時間の短縮が実現し、企業全体の生産性が向上します。

さらに、PowerAppsはモバイルデバイスでも利用できるため、場所を問わず業務を遂行する柔軟性も提供します。企業はこのツールを活用して、迅速に市場の変化に対応し、競争力を維持することができます。

PowerAppsの基本機能と特徴

PowerAppsは、多様な機能と特徴を備えており、ユーザーが効率的にカスタムアプリケーションを開発できる環境を提供します。このセクションでは、PowerAppsの基本機能であるテンプレートの利用、豊富なコネクタ、直感的なドラッグ&ドロップのインターフェース、そしてAIビルダーの活用について詳しく解説します。これらの機能を理解することで、PowerAppsがビジネスにどのように役立つかを具体的に把握できます。

テンプレートの利用

PowerAppsには、多数のテンプレートが用意されています。ユーザーはゼロからアプリを作成する必要がなく、既存のテンプレートを基にカスタマイズするだけで簡単にアプリを構築できます。テンプレートは、業務プロセスの自動化、データ収集、承認フロー管理など、さまざまなビジネスシナリオに対応しています。必要なアプリケーションを迅速に導入できるため、開発時間とコストを大幅に削減することが可能です。

コネクタの豊富さ

PowerAppsは、Microsoft 365やDynamics 365をはじめ、多くの外部サービスと連携できます。具体的には、SharePoint、OneDrive、Excel、SQL Server、Salesforce、Dropboxなどが含まれます。豊富なコネクタを利用することで、既存のデータソースを簡単に統合し、アプリケーションから直接アクセスできます。これにより、データの一元管理が可能となり、効率的なビジネスプロセスの構築が期待できます。

ドラッグ&ドロップのインターフェース

PowerAppsのインターフェースは直感的で使いやすく、ドラッグ&ドロップ操作でアプリのデザインや機能を設定できます。視覚的なレイアウト編集、各種コントロールの配置、設定など、複雑な操作をシンプルに行えるため、アプリ開発のスピードが向上します。非技術者でも簡単にアプリを作成できるため、開発者だけでなくビジネスユーザーにも適したツールです。

AIビルダーの活用

PowerAppsにはAIビルダーが統合されており、AIを活用したアプリケーションの作成が容易になります。例えば、画像認識、フォーム処理、予測分析などの機能をアプリに組み込むことができます。

具体的には、領収書のスキャンから自動的にデータを抽出するアプリや顧客の購買パターンを分析して予測するアプリを簡単に作成できます。AIビルダーを利用することで、高度なデータ分析や業務の自動化が実現し、ビジネスの競争力を高めることができます。

PowerAppsのビジネスへの利点

PowerAppsは、企業の業務効率を向上させ、コスト削減やデータ管理の強化を図るための強力なツールです。このセクションでは、PowerAppsが提供する具体的なビジネスへの利点について詳しく解説します。開発コストの削減、業務プロセスの効率化、データの一元管理、そしてモバイル対応の観点から、PowerAppsがどのように企業の競争力を高めるかを解説します。  

開発コストの削減

PowerAppsを使用することで、アプリケーション開発にかかるコストを大幅に削減できます。ローコード・ノーコードのプラットフォームなので、専門的なプログラミングスキルがなくてもアプリを開発できます。その結果、開発者の人件費を抑えることができ、また外部の開発会社に依頼する必要も減ります。さらに、テンプレートや既存のコネクタを利用することで、開発時間も短縮され、迅速にアプリを導入できます。  

業務プロセスの効率化

PowerAppsは、企業内のさまざまな業務プロセスを効率化します。例えば、手動で行っていたデータ入力や承認フローを自動化することで、業務のスピードが向上し、ヒューマンエラーも減少します。さらに、リアルタイムでのデータアクセスと共有が可能になり、チーム全体の協力がスムーズに進みます。PowerAppsの導入は、業務の効率化だけでなく、全体的な生産性の向上が期待できます。  

データの一元管理

PowerAppsは、複数のデータソースを統合し、一元管理することが可能です。データを一元管理することで、各部門が異なるデータベースを使用することなく、統一された情報にアクセスできます。また、データの重複や矛盾を防ぎ、正確な情報に基づいた意思決定が行えるようになります。さらに、データのセキュリティも向上し、管理が容易になります。

モバイル対応

PowerAppsで作成したアプリは、モバイルデバイスにも対応しています。ユーザーは、スマートフォンやタブレットからでもアプリにアクセスし、業務を遂行することができます。そのため、外出先やリモートワークの環境でも柔軟に業務を行うことが可能です。モバイル対応のアプリを使用することで、時間や場所に縛られない働き方が実現し、業務の効率性と生産性がさらに向上します。 

power automateを導入すると何ができる?power automate の概要やできること、導入のポイントを解説
power automateを導入すると何ができる?power automate の概要やできること、導入のポイントを解説
power automateとは何か power automateとは、どのようなサービスなのでしょうか。まずはpower automateの概要について解説します。 Microsoft社がリリースしている自動化ツール power automateは、WindowsやOfficeで有名なMicrosoft社がリリースしている自動化ツールです。RPAのような使い方ができ、定型的な処理を複雑な操作なしに自動化することができます。 ローコードで自動化プロセスを構築できる power automateを活用することで、ローコードで自動化プロセスを生成可能です。専門的な知識を必要とせずに定形処理を自動化できるため、業務効率化に役立つでしょう。 従来、自動化プロセスを構築し処理するには専門的なITシステムやツールが求められることも多かったでしょう。それらを導入することで大きな効果が見込めるケースもありますが、コストがかさむことによるリスクも無理できなかったのではないでしょうか。 power automateのようなローコードツールがあれば、そういったリスクを最小化することができます。 power automateのメリットと特徴 続いて、power automateのメリットおよび特徴について解説します。 ミスを削減できる power automateを業務活用することで、ミスの削減が期待できます。従来手作業で行っていた業務をpower automateにより自動化することで、決められた手順によりプロセスが実行される形になります。 それにより、人の手によるヒューマンエラーが起きづらくなるわけです。機械処理によるエラーを吐き出す場合もゼロではありませんが、処理手順さえ間違えていなければおおよそ完璧に実行されることが期待できます。 ミスの削減により、短時間で正しいデータや書類を生成できたり、確認プロセスを省略できるなどのメリットがあります。 業務効率化に繋がる power automateを活用することにより、業務の効率化に繋がります。既存の処理を自動化することにより、そこに費やしていたリソースを節約することができるからです。 今や業務効率化は時代の要請もあり、多くの企業が目指すべきものとされています。業務効率化の方法にはさまざまなものがありますが、ITの活用はその一つに挙げられるでしょう。 power automateを上手く使い、自動化できる業務を見極めるのが大事です。 簡単に生成・編集できる power automateを使うことで、専門的知識なしで自動化プロセスを生成・編集可能です。専門的知識不要というのがpower automateのようなローコード開発ツールの利点の一つであり、本質と言えるかもしれません。 通常、専門的なITシステムやツールを導入するにはプロの手を借りる必要があります。既存のものをそのまま導入する場合はその限りではないかもしれませんが、新しいものを開発するなら開発業者への外注が一般的な手法です。 プロに外注することで希望通りのものが作れるメリットはありますが、コストや納期の問題が生じます。プロの手を借りて開発するにはそれなりのコストや時間がかかるため、今すぐに使いたいというニーズを満たすのは難しいのではないでしょうか。 ローコード開発ツールを使うことで、ある程度その辺を解決できます。自社で内製すればコストはかかりませんし、作ったそばから利用可能だからです。 コストを最適化できる power automateを導入することで、コストを最適化できるのも魅力です。ある処理を自動化するには自動化プロセスを処理してくれるITシステムやツールを導入するのが一般的な方法ですが、やり方によっては大きなコストがかかってしまいます。 そのコストをペイできるのであれば問題ないのですが、そうでない場合は自動化しない方がコストパフォーマンスが上回ってしまうこともあるでしょう。power automateのようなローコードで自動化プロセスを組めるツールを導入した場合、最小コストで大きな結果を得ることができます。 使い方さえ学んでしまえば誰でも比較的容易に自動化プロセスを組めるため、別途システムやツールを導入する必要がないからです。 power automateでできること では続いて、power automateを活用してできることをご紹介します。power automateに対する具体的イメージを持って頂けると幸いです。 自動ワークフローの作成 power automateでできることとしてまず挙げられるのは、自動ワークフローの作成です。業務にはさまざまなタスクを連ねたワークフローが存在しますが、それと同じような構造を自動化プロセスとして扱う形です。 たとえば、下記のような感じです。 申請者がフォームを通して申請する ↓ 管理者に通知を送信する ↓ 管理者が承認し、申請者に通知する ↓ 承認された内容を自動的にリスト化し記録する 実際はpower automateだけでなく、他のMicrosoftアプリと連携して使うことが多いでしょう。やりたいことに対し、どのようなアプリを使ってどのようにワークフローを組むのかを考える必要があります。 RPA的な処理 power automateでできることとして、RPA的な処理も挙げられます。RPAはRobotic Process Automationの略であり、利用すればロボット的な技術を活用し処理を自動化することができます。 他のRPAツールを使うことでも処理の自動化は可能ですが、場合によっては専門的な知識が必要なケースもあります。その点power automateはローコードツールとして作られているため、誰でも比較的容易に処理を構築することができるでしょう。 同じMicrosoftアプリとの連携性が強いのもメリットです。 AIによるスマートな自動化 MicrosoftからリリースされているAI Builderと連携させることで、AIによるスマートな自動化も可能です。AI…

PowerAppsの導入ステップと注意点

PowerAppsの導入を成功させるためには、適切な手順を踏み、注意すべきポイントを把握しておくことが重要です。このセクションでは、導入の具体的なステップと導入時に気をつけるべき点について詳しく解説します。  

導入手順

要件定義

まず、PowerAppsを導入する目的と目標を明確にし、必要な機能や要件を洗い出します。関係者と協力して、どの業務プロセスを自動化するか、どのデータソースを統合するかを決定します。

テンプレートの選定

PowerAppsには多くのテンプレートが用意されています。自社のニーズに合ったテンプレートを選び、それを基にカスタマイズを行います。テンプレートを利用することで、開発時間を大幅に短縮できます。

カスタマイズ

選定したテンプレートを基に、企業の具体的な要件に合わせてカスタマイズを行います。ドラッグ&ドロップのインターフェースを利用して、必要な機能やデザインを追加します。

テスト

開発が完了したら、アプリのテストを行います。実際の業務シナリオで動作確認を行い、不具合や改善点を洗い出します。ユーザーからのフィードバックを基に、必要な修正を行います。

展開

テストが完了し、アプリが安定したら、実際の業務に展開します。ユーザーに対するトレーニングやサポートを提供し、スムーズな移行をサポートします。  

導入時の注意点

データセキュリティ

PowerAppsを導入する際には、データセキュリティが非常に重要です。データの取り扱いやアクセス権限の管理を厳密に行い、不正アクセスやデータ漏洩を防ぎます。セキュリティポリシーを明確に定め、全社員に周知徹底することが必要です。

ユーザー教育

新しいツールの導入には、ユーザーの習熟度が大きな影響を与えます。PowerAppsの使用方法や運用ルールについて、十分なトレーニングを実施し、ユーザーがスムーズに利用できるようにサポートします。

継続的なサポート

導入後も、継続的なサポート体制を整えておくことが重要です。定期的なメンテナンスやアップデートの実施、ユーザーからのフィードバックを基にした改善を行うことで、アプリの効果を最大限に引き出します。

スケーラビリティの考慮

PowerAppsを導入する際には、将来的な拡張性も考慮しておく必要があります。企業の成長や業務の変化に柔軟に対応できるように、スケーラブルな設計を心がけます。 

Microsoft power appsで在庫管理がしたい。その際のメリットや注意点について解説
Microsoft power appsで在庫管理がしたい。その際のメリットや注意点について解説
Microsoft power appsとは Microsoft power appsとは、どのようなサービスなのでしょうか。まずは、簡単に概要を解説します。 Microsoft社がリリースしているローコード開発ツール Microsoft power appsとは、Microsoft社からリリースされているローコード開発ツールです。通常、何らかのITシステムやツールはプログラミング言語を使って構築されますが、ローコードツールを使うことで複雑なプログラムなしに構築が可能です。 すなわち、専門的知識のない人でも必要なシステムやツールが開発できるわけです。プログラミング言語を学ぶには相応の専門性やリソースが要求されるため、使い方次第でさまざまな面における効率化が可能です。 Dynamics 365がカバーできない範囲を手広く担当できる Microsoft power appsを導入すると、Dynamics 365がカバーできない範囲を手広く担当できるのも特徴です。Dynamics 365は、power appsと同じMicrosoft社が提供している顧客情報管理のためのCRMパッケージシステムです。 導入することで顧客情報の管理やマーケティング・セールスプロセスなどを効率化できるものですが、Dynamics 365では微妙に手の届かない範囲があるかもしれません。Microsoft power appsを活用することで、そのような場合に痒いところに手が届くツールを低リソースで構築できるわけです。 power appsの特徴とメリット では次に、Microsoft power appsのメリットを深掘りしていきましょう。Microsoft power appsを導入することで、下記のようなメリットが得られます。 プログラミングなしでアプリが作れる まず挙げられるのは、複雑なプログラミングなしにアプリを作れる点です。通常ITシステムやツール、アプリなどを構築する際にはプログラミングなどの専門的知識が求められ、それを満たすには相応のリソースをかける必要があります。 社内に専門部署があればいいのですが、そうでない場合は専門家を育成したり外注するなどのコストが要求されるでしょう。ローコードツールがあれば、そのようなケースでも比較的容易に必要なアプリを開発できます。 規模が大きいものは難しいかもしれませんが、外注するほどではない小規模なアプリやツールを作りたい際などに役立ちます。 開発環境を用意する必要がない 続いて挙げられるのは、開発環境を用意する必要がない点です。ITツールやアプリなどの開発にプログラミングが必要なのは前述の通りですが、プログラミングするためには言語に適した開発環境を用意する必要があります。 有名なものとしては、Visual StudioやEclipseなどが挙げられます。また、サーバーを介して動くもの(PHPやRubyなど)の場合は環境を用意する必要もあるでしょう。 IT初心者の場合、環境構築の段階で躓いてしまうことも珍しくありません。ローコード開発ツールであれば別途開発環境を用意する必要がないため、環境構築の手間を省けるのがメリットです。 必要なものを的確に作成できる Microsoft power appsのようなローコード開発ツールを使うことで、必要なものを的確に作成できます。システムやツールの開発を外注する場合、どれほど密にコミュニケーションしたとしても、依頼主と開発側の間にズレが生じることも多いでしょう。 作りたい人と実際に作る人が異なる以上仕方のないことですが、それを避けたい場合は両者を同一にするのがシンプルな解決方法です。ローコード開発ツールを使うことで専門知識のない人でもアプリを作れるため、要点を外すことなく必要なものを的確に作成できるわけです。 コスト削減に繋がる Microsoft power appsを始めとするローコード開発ツールを活用することで、コスト削減に繋がります。アプリやツールの開発を外部に委託すると、少なくない額のコストがかかるからです。 もちろん、自社で内製する場合も専門家の育成コストや雇い続けるためのランニングコストがかかってきます。ローコード開発ツールを導入して誰でも簡単にアプリを作れる環境を整えておけば、そういったコストをカットできるでしょう。 power appsで在庫管理を行うメリット では続いて、Microsoft power appsを活用して在庫管理を行うことによるメリットをご紹介します。さまざまな業務に幅広く使えるpower appsですが、在庫管理に活用することでどのような恩恵が得られるのでしょうか。 専用の在庫管理システムを導入する必要がない まず挙げられるのは、専用の在庫管理システムを導入する必要がない点です。在庫管理システムにはさまざまなものがあり使い勝手や値段なども多種多様ですが、その中から自社にあったものを見つけるのは苦労を伴うかもしれません。 Microsoft power appsであれば、さほど労力をかけずに自社に合った在庫管理システムを構築できます。あまりに複雑なものは難しいかもしれませんが、シンプルな実使用に耐えうるものであれば設計次第で可能でしょう。 また、自社で内製したものであればメンテナンスや拡張も容易なのがメリットです。加えて、内製したもので物足りなくなった際には既存ツールの活用も視野に入れられるなど、幅広い選択肢を持てるのも利点でしょう。 IT担当者が不在でも作成や編集が可能 Microsoft power appsを活用することで、IT担当者が不在でもシステムの作成や編集が可能になります。ローコード開発ツールは、専門的知識を学ばなくても比較的容易にアプリやツールを開発できる仕組みだからです。 特定の担当者が不在の際に業務が回らないのは、いわゆる「属人性が高い」状態です。業務の属人性が高いことによる弊害はさまざまなことが挙げられており、なるべく改善すべき状況であるとの見方が多いのではないでしょうか。 特定の担当者に負荷が集中することにより当人に不公平感を与えてしまったり、心身の健康を害してしまうなどのリスクが考えられるでしょう。事業の持続性を高めるためにも、なるべく属人性は排除して柔軟な体制を整えることが大事です。 Microsoftアプリと連携しやすい Microsoft power appsは、同じMicrosoft社のアプリと連動しやすいのも特徴です。今現在、在庫管理を同じMicrosoft社のExcelで行っている人も多いのではないでしょうか。 Microsoft…

PowerAppsの活用事例

PowerAppsは、多くの企業でさまざまな業務プロセスの効率化に利用されています。このセクションでは、具体的な活用事例を紹介し、PowerAppsがどのようにビジネスに貢献するかを見ていきます。  

承認プロセスの自動化

ある企業では、PowerAppsを活用して承認プロセスの自動化を実現しました。従来は紙ベースで行っていた承認フローをデジタル化し、承認依頼が発生すると自動的に関連する担当者に通知が送られる仕組みを構築しました。PowerAppsを利用することで、承認時間が大幅に短縮され、業務の迅速化が図られました。リアルタイムで承認状況を確認できるため、プロセス全体の透明性が向上し、コミュニケーションの効率が改善しました。

在庫管理の効率化

別の企業では、PowerAppsを利用して在庫管理システムを構築しました。このアプリケーションは、バーコードスキャナーと連携し、在庫の入出庫をリアルタイムで記録します。在庫情報はクラウド上に保存され、複数の拠点からアクセス可能です。構築したシステムによって、在庫の追跡が簡単になり、在庫過剰や欠品のリスクが減少しました。在庫データを分析して需要予測や仕入れ計画の精度を向上させることで、コスト削減と業務効率化が実現しました。 

まとめ

多くの企業が直面する業務プロセスの非効率やデータ管理の難しさを解決するために、PowerAppsは非常に有効です。PowerAppsを導入すれば、専門的なプログラミングスキルがなくても、テンプレートやドラッグ&ドロップのインターフェースを使って簡単にカスタムアプリを作成できます。

さらに、豊富なコネクタを利用して既存のデータソースを統合し、リアルタイムでのデータ管理が可能です。モバイル対応により、どこからでも業務を遂行できる柔軟性も得られます。PowerAppsの導入により、業務効率の大幅な向上と競争力の維持が期待できます。業務の自動化やデータ管理の改善を目指す企業は、PowerAppsの導入をぜひ検討してみてください。

無料ご相談受付中 まずはお気軽にご相談ください

Microsoftを導入してコスト効率をよくしたい

Microsoftを導入して
コスト効率をよくしたい

Microsoftに関して気軽に聞ける相談相手が欲しい

Microsoftに関して
気軽に聞ける相談相手が欲しい

Microsoftを導入したが、うまく活用できていない・浸透していない

Microsoftを導入したが、うまく活用できていない・浸透していない

社内研修を行いたいが社内に適任者がいない

社内研修を行いたいが
社内に適任者がいない

Bizwindでは、Microsoft導入支援事業などを中心に
IT・DX推進に関する様々なご相談を承っております。
ご相談・お見積りは無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。

無料ご相談はこちら
Ranking

ランキング

Business Efficiency

June 10, 2024

SharePointとは?SharePointの機能や使い方を徹底解説!
SharePointとは?  SharePointとは、マイクロソフト社が提供する企業向けのファイル共有・コラボレーションを行うためのサービスです。  SharePointと比較されるサービスとして、マイクロソフト社が提供するOnedriveがあります。  どちらもファイル共有サービスですが、違いを簡単に述べるとすれば、SharePointは組織向け、OneDriveは個人向けのサービスです。  また、SharePointはポータルサイト(チームサイト)を作成できます。  部署やチーム、プロジェクト毎にファイルや情報を管理する場合により効果を発揮します。  そのためSharePointはビジネスの現場で広く利用されています。 ShrePointでできること  SharePointでできることについてご紹介します。 ポータルサイト(チームサイト)の作成 SharePointでは、チームや部署、プロジェクト毎にポータルサイト(チームサイト)を作成することができます。  作成したポータルサイト上では、情報共有や共同作業を行うことができます。  チームで共有したい情報はポータルサイト上に共有することで、複数人宛に情報を共有することができます。そのため業務効率化に繋がります。  ポータルサイトは、予め特定のビジネスニーズに合わせて設計されているテンプレートが用意されているので、そこから簡単に作成することができます。  チームの特色や業務内容に合わせてカスタマイズすることも可能です。  ポータルサイトは簡単に作成することができ、情報共有を効率化することができます。  ドキュメント管理 SharePointでは、ポータルサイト上で様々なドキュメントや画像などを管理することができます。  マイクロソフトの高品質なセキュリティ対策を活用し、契約書などの重要書類もSharePoint上で管理する企業も増えています。  SharePointでは、ポータルサイトで安全かつ効率的にドキュメントを管理することができます。  ワークフロー SharePointでは、業務フローを自動化することができるワークフローの構築ができます。  例えば、特定のフォルダからファイルが削除された場合は、承認者に承認メールを送信、承認者の承認を得られたらファイルが削除される、といった仕組みです。  このようなワークフローを構築することで、重要なファイルが誤って削除されるミスを防止することができます。  ワークフローを設定することで、日々の業務効率化や誤操作の抑止をすることができます。  モバイルアプリが利用可能 SharePointは、PCだけでなくスマートフォンからもアクセスすることができます。  SharePoint Onlineのモバイルアプリをインストールすることで、自宅や外出先などからでも簡単に情報にアクセスすることができます。  これにより時間や場所を選ばず、いつどこからでも必要な情報にアクセスすることが可能になります。  SharePointの強み SharePointの強みについてご紹介します。 Microsoft製品とのシームレスな連携 SharePointは、マイクロソフトが提供するSaaSのサービスです。  マイクロソフトが提供するその他のサービスとの親和性が高く、連携を行うことでより業務効率化を実現することができます。  例えば、Teamsと連携すればTeams上でファイルを管理することが可能になります。  他にも、Outlookと連携することでスケジュールの共有なども可能になります。  このように、SharePointはマイクロソフト製品との親和性が高く、連携も簡単にできる点が大きな強みです。  万全のセキュリティ対策 SharePointは、マイクロソフトが万全のセキュリティ対策を行っています。  また、管理者はユーザーのアクセス権をコントロールすることができます。  ユーザー毎に適切なアクセス権を付与することで、外部に対するセキュリティ対策に加え内部対策も行うことができるので、より厳重なセキュリティ対策を行うことができます。  SharePointは、マイクロソフト社によるクラウドサービスに対する最適なセキュリティ対策を行っているので、ユーザーは安心してサービスを利用することができます。  バージョン管理 SharePointでは、ドキュメントのバージョン管理をすることができます。  バージョン管理とは、ドキュメントに対する変更履歴を記録するものです。  例えば、SharePoint内のWordファイルを修正した場合、修正前の状態を記憶します。  これにより、修正したWordファイルを修正前の状態に復元することも可能になります。  要するに、SharePointが自動でバックアップをとってくれているということです。  もし、誤ってファイルを修正したり削除したりしてしまってもバージョン履歴から復元できるので安心です。  バージョン管理によって、ユーザーの誤操作にも対応することが可能です。  SharePointの導入方法 SharePointの導入方法についてご紹介します。 SharePoint Online SharePointを単体で利用したい場合は、SharePoint Onlineを契約することで利用することができます。  […]
営業/マーケティング支援

January 12, 2024

Microsoft Dynamics 365とは?その概要を分かりやすく徹底解説!
Dynamics 365とは? Dynamics 365とは、Microsoft が提供するビジネスアプリケーションです。  Dynamics 365は、企業活動を効率的に進めるために必要な業務システムを統合的に提供しています。  Dynamics 365がカバーする領域は様々で、CRM、SFA、ERP、マーケティング、顧客サービスなど、幅広い領域をカバーしています。  Dynamics 365が提供するこれらの機能により、生産性向上や業務効率化の実現をサポートします。  Dynamics 365の強みや導入メリット? Office 製品との連携 Dynamics 365の大きな強みの一つが、 Office 製品との連携が容易にできる点です。 同じ Microsoft 製品ですので 、Microsoft 365を導入していれば、そのアカウントで Dynamics 365を利用することができます。 Microsoft 365のポータル画面上からアクセスすることが可能なので、他の Microsoft 365製品との使い分けも容易にできます。 Outlook の予定表との同期や、SharePoint同期機能を使って、Word, Excel, PowerPoint などのドキュメントを一元管理することができます。 これまで、バラバラに保管していた見積書、注文書、請求書などシステム上で一括管理することもでき、ペーパーレス化の実現もできます。 豊富な導入実績 Dynamics 365は、世界中の様々な規模や業種の企業に導入されています。 その数は、2019年6月時点で約196か国22万社に導入されています。 世界的な企業である Microsoft 社が提供していることもあり、システムに対する信頼度も高く、近年では、三菱地所、住友不動産、森ビル、大東建託、日立など多くの日本企業も導入に踏み切っています。 大手企業のみならず、近年では中小企業の導入も増えており、企業規模や様々な業種の垣根を超えて利用されています。 自社に合わせたカスタマイズが可能 Dynamics 365は様々な業種の企業に導入されています。 その理由の一つがカスタマイズの自由度が高いことです。 多くのSaaS系の業務システムは、既に用意された機能を使って運用していくため、業種によっては必要な機能が不足しているといったこともあるでしょう。 しかし、Dynamics 365では、 Microsoft Power Apps を使うことでノンコーディングでカスタマイズすることができます。コーディングなどの専門知識がないユーザーでもカスタマイズすることが可能です。 自社でカスタマイズを行うことに不安がある場合は、Dynamics […]
Business Efficiency

June 11, 2024

仕事の時短を実現する!エンジニアが教える圧倒的な仕事時短術!
業務効率化とは 業務効率化とは、少ない労力で仕事の生産性をあげることです。 要は、今まで1時間かかっていた仕事を30分で終われるようにすることです。 そうは言っても、そんな簡単なことではありません。 「日々の業務に一生懸命取り組んでいるし、これ以上どうすればいいんだ」 そんな風に感じている人もいると思います。 でも日々の業務を見直せば、誰しも少なからず業務効率化できる部分があります。 そして、最近では業務効率化を手助けしてくれる様々な便利アプリやツールがあります。 今日は、そんな難しい業務効率化を実現できる方法を、現役エンジニアも実際に使っている便利アプリなども含めてご紹介します。 タスク管理 業務効率化と言ってまず最初に見直すべきポイントが、このタスク管理です。 しかし、多くの人は「タスク管理なんて毎日やってるよ」と思っているかもしれません。 そうです。タスク管理は必ず毎日行うものです。 だからこそ、そのタスク管理の方法を見直すことで日々の業務効率化に繋がります。 では、具体的にどうすれば良いのでしょうか。 まずは、その日のタスクと今後のタスクを「目に見える形」にして洗い出すことです。 その際のポイントは、優先順位とざっくりとした所要時間を割り出すことです。 優先順位は、緊急度と重要度を縦軸と横軸に設定し、割り振っていきます。 そして、洗い出したタスクを処理するのにかかるであろう時間を割り出します。 その際のポイントは、緊急度や重要度の指針にしたがってかける時間を設定すること、そしてまずは全てのタスクが就業時間内に終えられるように設定することです。 そうすることで、これから取り掛かるタスクの重要度とそれにかけられる時間を可視化することができます。 例)スパイスカレーを作る場合 例えば、あなたがシェフ見習いだとして「明日のランチまでに」本格スパイスカレーを作るようにシェフから指示を受けたとしましょう。 条件として、本格なスパイスカレーの調理は今回が初の試みで、またスパイスの調達が必須とします。 その際の調理開始までのタスクは以下のようなものがあると思います。 レシピの調査・作成 → 使えそうな具材のチェック → スパイスの調達・必要な具材の調達と仕込み → 自分なりのアレンジを考える 緊急かつ重要なタスク 最も緊急かつ重要なタスクは、「レシピの調査・作成」です。 今回、スパイスカレーは初めて作るので、必要な食材、工程を知るためにもレシピの確認を優先的に行う必要があります。 レシピを知ることは、タスクの洗い出しです。 また、レシピの調査から「スパイスの調達」は、スーパーには売っていないものなどは早めに調達方法を調べる必要があることに気付がつくことができます。 ですから「スパイスの調達」も、緊急かつ重要なタスクと言えすぐに対応すべきです。 これらの所要時間はおよそ1時間くらいに設定しましょう。 緊急だが重要度は低いタスク 緊急だが重要度は低いタスクは、「使えそうな余り物の具材のチェック」です。 このタスクでは使えそうな余り物が冷蔵庫にないかどうかチェックします。 余り物で使えそうな具材を調べることはレシピを作るためにすぐに知る必要がありますが、最悪調達すればいいのでそこまで重要度の高いタスクではありません。 所要時間はおよそ15分くらいに設定しましょう。 緊急ではないが重要なタスク 緊急ではないが重要なタスクは、「具材の調達」や仕込みなどです。 レシピの調査から、スパイス以外の具材は、スーパーなどで簡単に手に入ることがわかりました。 スパイス以外の具材は明日の調理開始までに調達できればいいので、緊急ではありませんが必ず必要なので重要なタスクです。 また具材の仕込みも必ず必要なので重要なタスクです。 優先順位は上記の二つよりは低いが、仕込み時間などもしっかりと計算した上である程度余裕を持って取り組むべきタスクです。 所要時間はおよそ3時間くらいに設定しましょう。 緊急でもなく重要でもないタスク 緊急でもなく重要でもないタスクは、自分好みのアレンジを探したりすることです。 これは時間があれば対応すれば良いことなので、特に緊急でも重要でもありません。 上記のタスクが完了し、時間があれば対応しましょう。 […]

ビズウインドでは、 様々な課題でお困りの お客様に対して、 無料相談を実施しております。

無料相談に申し込む

担当者に今すぐ質問する

簡単な情報入力でBizwind担当者が
お電話にて回答いたします!

すぐに電話で質問
日時指定で折り返し

以下の内容をご記入・送信ください。
確認次第お電話を差し上げます。

    以下の内容をご記入・送信ください。
    確認次第お電話を差し上げます。