開発部リーダー

Sato Shintaro

佐藤 慎太郎

Interview

    Our Philosopy

    Member Image

    開発部リーダー

    佐藤 慎太郎

    2011年入社。
    神奈川出身。

    2008年に株式会社アイネットに入社し、業務・Web系システムの開発プロジェクトに従事。
    2011年に株式会社ビズウインドに入社し、業務・Web系システムを要件定義からリリースまでの開発プロジェクトに携わる。
    2022年よりMicrosoft365とPowerPlatformのプロジェクトの担当となり、IT業界歴15年の経験を活かしてプロジェクトを牽引しながら、メンバーの育成にも力を注いでいる。

    入社の理由

    自社サービス「ママれん」の保育に携わる人たちを支えるという使命に共感しました。また、社員旅行やBBQに行っている文化があり、社員同士の結束力やチームワークの重要性を印象づけ、会社は単なる職場ではなく、一つの大きな家族のようだと感じました。
    その一員になり、自身の貢献で会社とともに成功を築いていきたいと入社を決めました。

    仕事のやりがいを感じる瞬間

    仕事のやりがいを感じる瞬間は、顧客の課題を理解し、それに対するシステム提案が実現したときです。課題に対して効率的なシステムを提供することで業務効率向上が実現した時、顧客の喜びと信頼が築ける瞬間は、自身の仕事が他人に価値を提供し、社会に貢献していることを実感する貴重な瞬間です。

    今後の目標

    Microsoft Power Platform 業務コンサルタントの道に進んで、まずはPL-200資格を取得し、次にPL-400に挑戦する予定です。さらに多彩なプロジェクトでの経験を積み重ね、社会に対してより価値のある貢献をするため、自身を成長させていきます。

    いま最も興味があるもの

    Member Interest Image
    旅行
    初めて訪れる観光地での食事や新しい自然の風景に出会う瞬間は、新たな発見とワクワクが詰まっていて楽しいです。 意外と次回の旅行計画を練っている時、どの場所へ行こうか?どんな料理を食べようか?考えている時が楽しみの頂点かもしれません。