開発部サブリーダー

Uchida Yuta

内田 優太

Interview

    Our Philosopy

    Member Image

    開発部サブリーダー

    内田 優太

    2019年入社。
    北海道出身。

    2019年に株式会社ビズウインドに入社。入社から2年間ほどは、不動産システムのテスト案件や決済システムの運用案件などに携わる。
    現在はPowerPlatformを用いたローコード開発など、Microsoft関連の案件に参画。これまでアカウント申請アプリ、会員向けポータルサイト作成など、さまざま案件に従事している。

    入社の理由

    挑戦と安定を重視する企業風土に魅力を感じ、入社を決意しました。当社は保育園向けシステム「ママれん!」を成功させる一方、新技術やサービスの導入にも意欲的です。特に最近はPowerPlatformを中心とした事業展開を行っており、時代のニーズに合わせて進化しています。そのような絶えず変わる会社の中で、自身も成長できると確信しています。

    仕事のやりがいを感じる瞬間

    アプリ利用者からの「作業が早くなった」「楽になった」といったポジティブな評価を受けた際、私はやりがいを感じます。手がけたアプリが、実際に業務効率の向上に貢献していると実感できるからです。ITの知識や技術を使い、お客様の役に立っていると実感できることがこの仕事の醍醐味だと思います。

    今後の目標

    Microsoft関連の技術、特にPowerPlatformの専門家としてより深い知識と経験を積み上げていくことが目標です。PowerPlatformを活用すれば業務効率化を迅速に実現できるので、機能を理解すること、新機能をキャッチアップすることでより貢献できると考えております。

    いま最も興味があるもの

    Member Interest Image
    BIツールでデータを可視化、数字に隠れたストーリーを明らかにすること
    最近はBIツールに興味があります。データを視覚化することで、意外な傾向やパターンを浮かび上がります。これにより、見えなかったものが見えるようになる点が面白いと感じています。MicrosoftにはPowerBIというBIツールがあり、無料で使えるので非常に有益と感じています。