microsoft365にはどんなプランがある?各プランを比較し詳しく解説

microsoft365を導入すれば、リモート環境でもシームレスかつセキュアな業務処理が可能です。この記事では、microsoft365で用意されているプランの比較や解説を行います。

なお、価格などプラン内容に関しては2021年4月時点のものであることをご了承下さい。

microsoft365にはどんなプランがあるのか

microsoft365には、どのようなプランが用意されているのでしょうか。まずはmicrosoft365の各プランについて比較および解説します。

大まかにホームユースと業務ユースに分けられる

microsoft365のプランは、大まかにホームユースと業務ユースに分けられます。ホームユースはいわゆる「家庭向けプラン」のことであり、個人が自宅で利用することが想定されています。

一方、業務ユースは法人向けのプランです。企業がそれぞれのオフィスで利用することが前提となっており、それに沿ったサービスが用意されています。

どちらを利用するのかは、個人か法人かで決めれば問題ないでしょう。

家庭向けプランの概要

microsoft365の家庭向けプランには、下記のコースが用意されています。

  • Microsoft 365 Personal
  • Office Home & Business 2019
  • Office Personal 2019

Microsoft 365 Personalは年間¥12,984で利用することができ、WordやExcel、PowerPointといった一般的なアプリを利用することができます。加えて、1TBのOneDriveやAI搭載のクリエイティブツール、高度なセキュリティやアップデートなどの活用も可能です。

Microsoft 365 Personalがサブスクリプションプランであることと比較し、Office Home & Business 2019とOffice Personal 2019は永続ライセンスプランです。一度規定の額を支払えば永続的に使うことができるため、ランニングコストを節約できるでしょう。

両者の違いはOffice Personal 2019がWindows用のライセンスであるのに対し、Office Home & Business 2019はMacおよびWindows用のライセンスである点です。また、Office Personal 2019にはPowerPointが含まれてないなど、細かな違いもあります。

加えて、永続プランではOneDriveやMicrosoftエディター、AI搭載のクリエイティブツールといった各種機能を使うことはできません。自宅で幅広い活用をしたい場合は、サブスクリプションプランであるMicrosoft 365 Personalがおすすめです。

法人向けプランの概要

microsoft365の法人向けプランは、一般法人向けプランと大企業向けプラン、そして教育機関向けプランが用意されています。大企業は大企業プラン、教育機関は教育機関向けプランを契約するのが一般的であり、それ以外の企業は一般法人向けプランを選べばよいでしょう。

大企業向けプランは、大規模な利用が想定されたプランです。コンプライアンスや中核的なセキュリティ、そして生産性向上にまつわるさまざまな機能を活用することができます。

教育機関向けプランも教育機関に最適化されており、創造的かつ魅力的なアプリを求めやすい価格で契約することができます。

一般法人向けプランの詳細

それでは次に、microsoft365の一般法人向け各プランについて比較し詳しく解説します。

Microsoft 365 Business Basic

Microsoft 365 Business Basicは、ユーザーあたり¥540/月で利用できるプランです。手頃な価格でWeb版とモバイル版のOfficeアプリを活用することができます。

比較的簡易なリモートワークにおけるソリューションを欲している企業に適したプランです。

Microsoft 365 Business Standard

Microsoft 365 Business Standardは、ユーザーあたり¥1,360/月で契約可能なプランです。 契約することでWordやExcelといったOfficeアプリを活用することができ、オンラインでもオフラインでもデバイスを選ばず作業が可能です。

Microsoft 365 Business Premium

Microsoft 365 Business Premiumは、ユーザーあたり¥2,180/月で利用できるプランです。基本的な利用範囲はBusiness Standardと同じですが、より高度なセキュリティ対策が施されています。

リモートワークに安心を求める企業におすすめです。

アプリのみのMicrosoft 365 Apps

Microsoft 365 Appsは、ユーザーあたり¥900/月で利用できるプランです。契約すればあらゆるデバイスからOfficeアプリを利用することができ、PCからでもモバイル端末からでも作業が可能です。

ただ、Microsoft 365 AppsはOfficeアプリのみを利用するプランなので、他のプランで利用可能なチームコミュニケーションのためのTerms、多機能ビジネスメーラーであるExchangeなどを利用することはできません。

各プランに含まれるもの、含まれないもの

それでは次に、各プランに含まれるものとそうでないものをより詳しく見ていきましょう。

Basic、Standard、Premiumに共通して含まれるもの

Basic、Standard、Premiumに共通して含まれるのは、下記のような機能です。

チームワークおよびコミュニケーション

これらのプランでは、チームワークおよびコミュニケーションのためのTermsを活用することができます。Termsではメンバー間でチャットやファイル共有を行え、最大300人という規模でオンライン会議を開くことも可能です。

リモートワークでは、離れた場所にいるメンバー間のコミュニケーションが大きな問題となります。Termsを利用すれば、その一助となるでしょう。

Webおよびモバイル版Officeアプリ

Basic、Standard、Premiumの三つのプランでは、Webおよびモバイル版のOfficeアプリを利用することができます。業務にWordやExcelといった定番ソフトを活用している企業も多いのではないかと思いますが、プランを利用すれば常に最新版のアプリを使えます。

加えて、リアルタイムの共同編集機能を使えば、複数のユーザーが同じファイルを使い同時に作業可能です。Termsなどでコミュニケーションを取りながら編集することで、リモート下でも業務効率向上に繋げられるでしょう。

メールや予定表

各プランでは、メールや予定表に関連する機能を使うこともできます。メールに関しては50GBのメールボックスや独自のカスタムドメインを利用可能であり、Exchangeを活用することでメールをより効率的に扱えます。

また、予定表の管理や共有を行うことで、会議をスケジューリングして簡単に開催したり、アラームを鳴らすこともできます。リモートワークにおける各メンバーのスケジューリングに役立つでしょう。

ファイルストレージや共有

これらのプランでは、1TBのOneDriveストレージを利用することができます。与えられたストレージにはファイルを保存したり保存したものを複数のユーザーでの共有が可能なため、遠隔的なファイルのやり取りが可能です。

デバイス間での同期やアクセス権の設定もできるので、常に最新のファイルを許可されたユーザー間で共有できます。

プランによって異なるもの

では次に、各プランの違いを解説します。それぞれのプランでは、下記のような点に違いが生じます。

デスクトップ版Officeアプリ

StandardとPremiumプランではデスクトップ版のOfficeアプリを利用可能ですが、Basicプランにはデスクトップ版のアプリは付帯していません。従来のOfficeアプリは全てデスクトップ版だったので、デスクトップ版を使えないことに違和感を覚える人も多いのではないでしょうか。

使い方によっては、Web版とモバイル版のみでも作業を完結させることは可能です。しかし、Web版アプリを利用するには原則的にインターネットに繋がっている必要があるため、状況によっては不便を感じるかもしれませn。

高度なセキュリティ対策

BasicやStandardでも一般的なセキュリティ対策が行われていますが、Premiumプランではより高度な驚異対策が施されています。Defenderを活用して添付ファイルやリンクからの驚異を保護したり、Information Rights Managementを利用して情報アクセスの制限を行えます。

オンラインでのやり取りは確かに便利なのですが、セキュリティに問題が生じやすいのも事実です。Premiumを契約すれば、広い範囲でオンラインにおける驚異を避けられるでしょう。

どういう基準でプランを選ぶか

各プランの比較は以上です。次に、どのような基準でプランを選ぶべきかについて解説します。

最適なプランはケースバイケース

「どのプランが最適か」は、基本的にケースバイケースです。ある企業ではBasicプランで事足りるかもしれませんし、またある企業ではPremiumを契約しないと業務が滞るというケースも想定されるでしょう。

一般的には、ミニマムな利用でよければBasicを。デスクトップ版アプリを使いたい場合はStandardを。そしてセキュリティに対する強い保護が必要な場合はPremiumを、といった具合になります。

「何を優先するか」を決める

大事なのは、自社にとって何を優先すべきかを定めることです。セキュリティを何より重視するのであればPremiumプランが最適かもしれませんし、Officeアプリを頻繁に活用しないのであればBasicで足りるかもしれません。

Premiumプランはmicrosoft365の持つ多くの機能を活用できますが、中には不要なものもあるでしょう。使えるものが多ければ多いほど価格も高くなるため、必要最低限のニーズを見極め、最適なプランを契約することが大事です。

MIcrosoft365を活用する上で重要なポイント

それでは、最後にmicrosoft365を活用する上で重要なポイントを解説します。下記の点に気を配れば、より拡張的な活用が可能になるでしょう。

セキュリティの強化

一つ目は、セキュリティの強化です。リモートワークにおいては無視できない要素ですが、セキュリティが甘いと情報が漏洩してしまったり、業務がストップしてしまうなどの弊害が生じます。

microsoft365におけるセキュリティの強化としては、IntuneとConfiguration Managerを用いたエンドポイント管理などが挙げられます。導入すれば、Microsoftのゼロトラスト技術を駆使してネットワーク全体におけるセキュリティを高めることができるでしょう。

ワークフローの効率化

次に挙げられるのは、ワークフローの効率化です。ワークフローにはさまざまなタスクが組み込まれているため、どこをどうすれば効率化に繋がるかを見極めるのが難しいケースもあるかもしれません。

Power Automateを活用すれば、RPAを駆使してさまざまなタスクの自動化を実現できます。業務の自動化というと「難しいコードを書かなければならないのでは?」という懸念を持つ人もいるかもしれませんが、Power Automateは簡単な操作で自動化ルールを構築できるのも特徴です。

まとめ

microsoft365にはさまざまなプランがありますが、大まかに家庭用と法人用に分けることができます。企業で活用する場合、多くは一般法人向けプランを選択することになり、Basic、Standard、Premium、Appプランが用意されています。

自社のニーズを見極め比較し、適切なプランを選択しましょう。

無料相談実施中(月に3社様限定)

  • 業務効率化を実現したい・・。
  • 社内システムをクラウド化したい・・。
  • 社内の情報共有をもっと効率的に行いたい・・。
  • テレワークを導入したいけど何から初めていいかわからない・・。

ビズウインドでは、上記のような様々な課題でお困りのお客様に対して、
無料相談を実施致しております。

業務効率化やテレワーク導入に関しての豊富なサポート実績を活かして、
課題解決に向けた無料相談を行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

ご相談はこちらから